パイロットとは

わが国におけるパイロットの業務を分かりやすく説明するために制作したDVDです。

Windows Media形式でDVDの内容を全てご覧いただけます。なお、視聴に際してはADSL以上の通信環境を推奨しております。

パイロット業務の流れ

水先業務は、船長の要請を受けて乗船したパイロットが、船長のアドバイザーとして、その船舶を目的地まで導く形で実施されています。

水先区には、「単一の港の範囲を水先区としているもの」と東京湾や瀬戸内海などのように「広い水域とその複数の港の範囲を水先区としているもの」とがあり、それぞれの水先区により多少の違いはありますが、概ね標準的なケースとして、入港船に対する水先業務の例についてご紹介します。なお、出港船の場合は、この逆の順序(離桟・出港・航行)になります。

1.水先業務要請の受付
水先業務要請の受付
水先業務の要請は、船会社や船舶代理店から水先人会の事務所に電話やFAXで入ります。
2.要請船に急行
要請船に向かう水先艇
要請を受けたパイロットは、水先艇(パイロットボート)に乗船し、沖合の乗船場所に向かいます。
3.要請船に乗船
要請船に乗り込むパイロット
要請船に到着したパイロットは、乗下船設備(パイロットラダー等)を使用して要請船に乗り込みます。
乗下船時は海中転落等の危険を伴うため、安全に乗下船できるよう細心の注意を要します。
4.船長との情報交換
船長と打ち合わせを行うパイロット
船橋で、船長から船舶の性能など操船に必要な情報を入手し、船長に対しては水域の状況や航行計画を説明します。
5.航行業務
輻輳海域を航行する要請船と船舶を嚮導中のパイロット
浅瀬や潮流などの自然条件、他の船舶や操業中の漁船などの状況を把握しつつ、また、海上交通センターが置かれている水域では、所用の報告・情報入手を行いながら針路や速力などを船長にアドバイスします。
航行時には、視界や天候の急変、航法を違反する船舶の接近など緊張が高まる場面に遭遇することも少なくなく、注意深い慎重な判断が求められます。
6.入港・着岸業務
着桟中の要請船と着桟業務中のパイロット
港に近づくにつれ大小様々な入出港船舶で輻輳します。入港に備え減速しますが、減速に従い船舶の運動性能が低下し制御ができないため、曳船(タグボート)が操船業務に加わります。大きな船舶の場合は、多数の曳船を配備します。
目的地の岸壁等への接近に従い風圧や潮流の影響を考慮しつつ船舶の主機操作や曳船への押し引きの指示を頻繁に行い、全神経を船舶の前後位置や着岸姿勢の制御に集中します。着岸速度は毎秒数センチメートルのゆっくりした速さです。
7.業務終了
船長と握手を交わすパイロット
着桟後、船舶を係船すれば業務が終了となります。
業務終了後は下船することになりますが、業務終了時に船長の「Good job!」などの感謝の言葉を受けますが、パイロットは重い責務と操船技術の向上という課題を背負う一方、各国の船長からのこうした言葉を糧に、日夜業務に従事しています。

水先旗【H旗】

この赤白の旗は、「私の船はパイロットを乗せている」という意味を示す国際信号旗です。白と赤の鮮明な配色は、日章旗とともに青空に映えてひときわ美しいものです。特に職業を表す旗ではありませんが、世界のどの港でも通じる水先旗はまさにパイロットの業務に対する誇りを象徴するかのようです。

活躍するエリア

パイロットが業務を行う海域を水先法では「水先区」といい、現在全国に35水先区が設定されています。パイロットはこの「水先区」で日々活躍しています。詳しくは「水先区の概要」をご覧ください。

ページトップへ