連合会の概要

沿革

水先区の変遷
年 月 内   容
昭和24年8月 水先法(昭和24年法律第121号)施行
水先区は次の21区
室蘭、函館、小樽、留萌、塩釜、東京湾、新潟、伏木、七尾、清水、名古屋四日市、舞鶴、阪神、内海、境、関門、崎戸、佐世保、長崎、島原海湾、鹿児島
昭和25年3月 下津水先区を新設
昭和26年4月 釧路水先区を新設
昭和37年7月 協会名を日本水先人協会から日本パイロット協会へ改称
昭和39年5月 日本パイロット協会、任意団体から社団法人となる
水先区は合計23区
昭和39年12月 東京及び横須賀の両水先区を新設
昭和40年7月 苫小牧、秋田船川、田子の浦及び博多の各水先区を新設
下津水先区を和歌山下津水先区に拡大
昭和40年10月 水先約款を設定
昭和42年8月 釜石水先区を新設
昭和46年5月 国際パイロット協会(IMPA)設立
昭和46年10月 酒田、小名浜、鹿島、衣浦、尾鷲、小松島及び細島の各水先区を新設
崎戸水先区を廃止
塩釜水先区を仙台湾水先区に拡大
昭和47年5月 那覇水先区を新設
昭和52年4月 八戸水先区を新設
昭和52年7月 衣浦水先区を伊良湖三河湾水先区に拡大
名古屋四日市水先区を伊勢湾水先区と改称
昭和53年10月 第4回IMPA総会を京都で開催
昭和53年11月 大阪湾水先区を新設
平成19年4月 水先法改正
東京、東京湾及び横須賀の各水先区を東京湾水先区に統合
伊良湖三河湾及び伊勢湾の両水先区を伊勢三河湾水先区に統合
大阪湾、阪神の両水先区を大阪湾水先区に統合
水先区は合計35水先区
日本パイロット協会を解散し、日本水先人会連合会を設立
現在に至る

ページトップへ